BCAA 副作用

BCAAの副作用は?

サプリメント

 

副作用と食生活の関係

 

BCAAはアミノ酸を適切に摂取するために優先的に体にアミノ酸が回るように設計がなされているので、
よほどのことがない限り副作用の心配をする必要は全然ないのですが、
仮にも医学というものは日進月歩の世界なので、どのようにしていつ副作用が起こるか想像がつかないのも事実です。

 

事例がいくつかあるとおり、加工されたアミノ酸食品などは人によっては
効率的なたんぱく質摂取にならないケースが珍しくなくなっています。

 

その背景の一つに体質の多様化があり、食生活や生活態度が一昔前と大きく異なる部分が増えてきているということです。

 

副作用という表現よりはアミノ酸の不足などによる欠乏症に似た症状による健康被害というものが目立ってきています。

 

これは食生活が大きく乱れてきているという背景もあるにはありますが、
それとほぼ同様に栄養面に関する知識が一般的に乏しいという知能的な意味での影響が大きいのです。

 

 

適切な用量を守ろう!

 

BCAAはアミノ酸がかなり適切な割合で配合されているので、一人分をしっかり摂取すれば基本的には問題ないのですが、
過剰摂取というケースもありますので、一日にどれぐらいの割合で栄養を摂取したかを自分で一度図ってみることが推奨されます。

 

薬としての側面もありますが社会的には食品として分類されているので、
生活においしく取り入れることができればあまり深く考える必要は一般人にはありません。

 

しかし筋肉増強を視野に入れている人は話は別になります。