BCAA 危険性

BCAAの危険性は?

サプリメント

 

BCAAの気になる特徴とは?

 

筋肉を作るだけではなく筋肉の分解を防ぐ事ができるということで
理想的な体型を作ることが出来るとされているのが、BCAAの最大の特徴とされています。

 

そのためダイエット効果も期待されているのですが、
その半面でこれからBCAAを購入しようと検討している人たちにとって気になるのがその危険性です。

 

そもそもBCAAは医薬品ではなくサプリメントとして販売されているので
基本的には栄養補助食品としての取り扱いになっており、
サプリメントの場合は副作用や危険性はほとんどないと言われています。

 

 

過剰摂取には注意が必要!

 

ただしBCAAの基本はバリンやロイシンなどの必須アミノ酸が中心となっており、
それらはタンパク質で構成されているので過剰摂取した場合には
何らかの副作用を起こしてしまうと言う危険性を孕んでいるとされています。

 

どういうことなのかというとタンパク質を一度に大量に摂取してしまうと内臓に負担がかかってしまうため、
場合によっては内臓臓器の機能が低下してしまう恐れがあるとされているのです。

 

しかもタンパク質は単体でもそれなりのカロリーを有しており、筋肉を作り出すためには多量のカロリーが必要とされています。そ

 

のため過剰摂取することによってカロリーオーバーとなってしまう危険性もありますし、
尿路結石のリスクや腸内環境の乱れにも注意する必要があります。

 

ただしこれらは基本的に過剰摂取した場合の注意点となっているので、
1日の摂取量を守っていればそこまで危険性はないとされています。