BCAA 効果 筋トレ

BCAAの筋トレ効果は?

筋トレ

 

BCAAとは3つのアミノ酸を指す

 

BCAAとは分岐鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acids)の頭文字をとった略語で、
具体的にはアミノ酸の中でもバリン、ロイシン、イソロイシンを指します。

 

これらのアミノ酸は体内で合成することができないため食事の中から摂取しなければいけません。

 

そしてその効果は筋肉を増強させる、すなわち筋トレ効果を上げることがわかってきました。

 

筋肉はタンパク質からできています。
そしてそのタンパク質はアミノ酸が多数つながってできています。

 

 

BCCAは筋肉増強と密接な関係!?

 

そして、人間の筋肉にはこのBCAAが多く含まれることがわかっています。
摂取すれば筋肉増強の効果があることはわかりやすいのではないでしょうか。

 

しかしそれだけではありません。特にロイシンは摂取して運動することでインスリンの分泌を促進します。

 

インスリンは血糖を下げるホルモンですが、タンパク質に関してはその合成を促進し、
アミノ酸の吸収もよくする作用を持っています。

 

血糖を下げるということは細胞内に血糖が取り込まれることを促進するということですので
細胞内のエネルギーは増加するため、筋肉の機能も増強されます。

 

さらには、疲労物質の蓄積も抑制し疲労感を感じにくくすることもわかってきており、
トレーニングが持続的に行える土台づくりの役目もあります。

 

ほかにも、様々な研究結果が次々に発表されてきており、BCAAは単純な一つの作用だけでなく、
様々な経路を介して筋トレ効果を高める働きを持っていますので、
運動前に摂取することでさらに筋トレ効果が高くなるといえます。

 

BCAAはHMBサプリにも多く含まれているので一緒に摂取すると効果的です。

 

hmbサプリランキング.net